从传统汽车到新能源汽车,人们对出行方式的不懈追求刺激着新技术,新科技的融合

资本市场的数据也印证了这一点,根据麦肯锡的报告,自2010年以来市面已公布的有关电车技术的投资高达3300亿美元,而其中超过三分之二的投资来自自动化与智能出行两大“智能化”领域。 不过这些投资65% 来自风险投资,28% 来自互联网等科技巨头,只有约7%来自于汽车公司本身,充分说明了“局外人”也在疯狂砸钱从而试图在“电车智能化”的技术高地抢占先机。 在时代浪潮之下,智能化电车的样子,也初露峥嵘。 近日,极氪发布的最新款极氪001,就是一款搭载了高通8155芯片,7大核心控制器与3个智能驱动硬件的智能纯电汽车。在互联网与人工智能领域口耳相传的专业名词,如今已聚集在新能源汽车身上。 当你还在以传统汽车的模式去思考新能源汽车的时候,千万行涉及驾控的代码,软硬件的耦合与协同,数字化的演进成为了如今新能源汽车发展的新思维。各类技术的拼接,让新能源汽车跳脱出传统汽车的理念,极氪001的强势表现也昭示着,智能化电车的时代,已然来临。 深度融合,新能源需要全面进化 然而,在众多黑科技与强大硬件的加持下,新能源汽车的发展想要做到各方面的协调统一,提供绝佳的出行体验也不是轻易就能实现的,如何进一步让软硬件兼容,而非简单叠加,得到一个“1+1>2”的效果,成为了众多新能源汽车急需解决的问题。 麦肯锡的报告指出,统筹软件的核心在于中心化的操作系统,只有拥有一个足够立体且强大的“大脑”——才能完全统筹与协调各个硬件与软件的功能,通过技术赋能新能源汽车升级。 而这次极氪001带给用户的则是他们对于操作系统和智能化管理的理解——智能驱动,智能座舱,智能驾驶的“三位一体”。 极氪智能科技在进化日发布了创新技术成果——极氪智能驱动系统,重新定义高性能纯电赛道,在智能座舱,智能驾驶领域之外,开辟了高端智能纯电车型的全新评价标准。 极氪智能驱动系统是业界第一个专为纯电高性能体验打造的智能系统,凭借SEA浩瀚架构4000多个API接口的开放,让驾控领域的每一个子系统与多个系统融合,共同管理性能表现。智能驱动系统让纯电汽车切换驱动模式成为可能。 与此同时,极氪001还配备了全球首发黑科技“闪电切换”——联动6大ECU,根据全车18个传感器,感知车辆姿态,并协同前后电机,加速与制动踏板,结合路况实现全时后驱,适时四驱,以及全时四驱三种电驱模式的智能切换。

それだけでなく、スマート駆動システムは滑り止めを抑制して純電気自動車の条件反射にもなる。極クリプトン001にdTCS分散式牽引力制御システムを搭載し、現在市場で主流のTCS牽引力制御システムより10倍速い。雪面を0-60キロ/毎時走行する場合、このシステムは車両の反応を0.8秒速くすることができ、雪の限界がカーブした場合、システムは最大制御可能速度を5-15 km/h向上させることができる。もちろん、インテリジェントシステムも駆動面だけではなく、コクピット内部では、極クリプトン001は現在量産されている最強の8155車規級コクピットチップを採用し、全方位アップグレードをもたらした次世代極クリプトンインテリジェントコクピットである。わずか2秒で、車のエンジンを起こすことができます。高徳地図というツール性アプリでも、テンセント愛趣聴などの車載レジャーアプリでも、開く時間は平均1.3秒しかかからない。多様なソフトウェアと強力なハードウェアデバイスが電車にエネルギーを与え、極クリプトン001は単なる歩行ツールではなく、コックピットでスマートな科学技術体験を楽しむことができます。001に座ると、「Hi EVA」と一声でAI Mateインテリジェントアシスタントを起こすことができます。AI Mateは現在、音声による音楽切り替え、ナビゲーションの変更、温度調節などの多機能をサポートしており、手を使わない自由なインタラクションを通じてサイボパンクのようなスマートな体験をもたらす。純電気自動車の古い本業のスマート運転において、極クリプトン001は今回も全面的にアップグレードし、全速域のアクティブ巡航制御機能を新たにプッシュした。車線がはっきりしている場合、0-130 km/hの速度区間では、車両は速度と方向を自動的に制御し、1車線内で自律的に運転することができ、運転者は短時間で手を離すことができ、繰り返し操作による疲労を軽減し、長距離運転をより快適にすることができる。道端に歩行者や非機動車がいると、車は自発的に減速し、安全を確保してから通過する。隣接が大型車両であれば、極クリプトン001は人間の運転手の運転方法を真似して、安全でスムーズに自発的に回避することができる。非常車線に車が停止したり、ドアが開いたりしている場合は、極クリプトン001は車線を変えずに減速回避することもできます。インテリジェント純電気システムの統一的な計画の下で、極クリプトン001のハードウェアとソフトウェアの深さの融合、インテリジェント駆動、インテリジェントコックピットとインテリジェント運転の「三位一体」は、極クリプトン001に全面的な次元上の進化をもたらした。極クリプトンから見れば、知能が電気自動車にもたらすのは、局所的な変化ではなく、徹底的な転覆だ。昨日の交通機関、今日のスマート端末のあらゆる技術の加持は、昨日の交通機関をよりスマートにし、今日のスマート端末にしました。私たちが使用している端末装置と同様に、新エネルギー自動車のアップグレードが進み、自動車をより身近にし、移動方式から生活に必要な設備への転換を実現しました。伝統的な燃料自動車から新エネルギー自動車、さらにスマート化された新エネルギー自動車まで、「自動車」はもはや単一の移動手段ではなく、5 G、万物相互接続の「モノのインターネット」などの新興技術の大潮の下で、私たちの生活の生態プラットフォームと「4つの車輪のコンピュータ」になりつつある。もちろん、すべてのインテリジェント化の終点は、やはりユーザー体験にある。極クリプトンは、一般消費者ひいては自動車マニアの運転体験上の痛点を十分に認識し、最適化の上で極致にしている。

“闪电切换”就是极氪001在这次全球首发上给予用户的特殊体验。 通常来说,四驱多见于SUV车型,用于复杂多变的路况,如下雨,下雪,结冰以及越野的场景,通过四轮驱动能够驾驭更加强劲的动力,在前轮或是后轮打滑时,也能迅速摆脱困境。而后驱多半是豪华轿跑的标配,驾控的精确度与驾驶时的人车交互带来强烈的感官刺激,后驱驾驶相比前驱会更加有一种“人车一体”的驾驶乐趣。 如今的极氪001,凭借“闪电切换”的黑科技,消费者可以在不同驱动模式上无缝切换,同时享受到四轮驱动的越野车和后轮驱动的跑车所带来的极致驾驶体验。 而针对不同路况量身打造的“羚羊避险”功能也在持续辅助司机们解决行驶过程中的诸多难题。“羚羊避险”不仅辅助驾驶者降低了交通事故风险,其智能与自动化的操作也为驾驶者带来最丝滑的驾驶体验,在面对复杂多变的路况时轻松应变,缓解驾驶疲劳。 不仅如此,极氪001还可以随时感知与前车的距离,在保持安全距离的前提下自动控制车速。高速时跟车距离更远更安全,低速跟车时减少车距防止被其他车辆插队加塞,让用户自己来选择自己的驾驶风格。 跳脱出汽车的固有思维,极氪的造车哲学或许聚焦在了如何用更多的科技力量来打造可移动的智能终端。 也正是基于这种哲学以及对智能汽车领域的前瞻性,吉利控股集团早早进行布局,五年斥资200亿研发的“浩瀚SEA架构”,涵盖1800-3300mm的轴距,完美覆盖从A到E的全尺寸覆盖,无论是轿车,跑车,SUV甚至是皮卡都可以基于此架构量产。 不仅如此,整个浩瀚架构着眼于打造系统化的新能源汽车智能体验。 从传统汽车到新能源汽车,人们对出行方式的不懈追求刺激着新技术,新科技的融合。如今,极氪搭载着融合一体的新车型驶入生活,实现软硬件的耦合与协同,为用户带来极致的出行享受。  从传统汽车到新能源汽车,人们对出行方式的不懈追求刺激着新技术,新科技的融合 热门话题


发表评论

Copyright 2002-2022 by 爱雅斋字画(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.